歯科衛生士の仕事

歯科衛生士と歯科助手と同じものだと思っている人も少なくはないと思いますが、歯科衛生士は国家資格を必要とする職業で、資格を必要としない歯科助手よりも好条件で働くことができるようになっています。

その分歯科衛生士の需要は高く求人募集もたくさん出されています。歯科衛生士が働いているのは歯科医院だけではなく、インターネットで検索すれば、総合病院や介護施設などから歯科衛生士を募集している求人情報をたくさん見ることが可能となっています。

歯科衛生士の主な仕事は歯科医の医療行為をサポートする歯科医診療補助と、虫歯を予防するための歯磨き指導を行う歯科保険指導と、虫歯や歯周病などを予防するための歯科予防処置などとなり、歯科衛生士は実際治療行為をすることはできませんが、看護師と同様にとても重要な役目を担っています。

歯科衛生士の収入

歯科衛生士が転職する際に最も大きなポイントの1つに収入があると思います。歯科衛生士になるには国家試験をパスする人用があるため、これから歯科衛生士を目指す人にとっても歯科衛生士がどれくらい稼げるかということは非常に重要なことだと思います。

歯科衛生士の求人募集を見ても、働く場所によってかなりの収入の差がありますが、歯科衛生士が歯科医院に勤務した場合の収入は大体20万円程度というのが相場となっていて、キャリアを重ねる度に年収が上がっていくようになります。

歯科衛生士をパートやアルバイトで募集しているところも多く、その場合関東圏では時給が1200円程度が相場となっていて、他の職業と比較すると高収入を得られる仕事となっています。

歯科衛生士の転職について

歯科衛生士の中にはより良い条件を求めて現在転職を考えている人も多いことだと思いますが、歯科衛生士の資格を持っていれば、歯科医院以外にも多くの場所から求人募集が出されています。

歯科衛生士になるには国家資格をパスしなければいけないこともあり、歯科衛生士の需要は非常に高くなっていて、歯科衛生士の資格を取得することで、仕事に溢れることはないと言われています。

したがって歯科衛生士であれば無理に嫌な職場で働き続けることはなく、今では働きながらでもインターネットを活用すれば、簡単に好条件の職場を見つけることが可能となっています。

国家資格が必要な歯科衛生士には専門の転職サイトも数多く用意されているので、自分に合った職場を選んで転職することをおすすめします。